難を酒枡(避けます)奉献酒

難を酒枡(避けます)奉献酒

奉献酒とは?
奉献酒は主に地鎮祭、起工式などで神様にお供えするお酒を言います。
地鎮祭、起工式は、土木工事や建築をこれから行う土地の守護神を祭って土地の安定と工事の安全を祈願する祭りです。ほとんどは大安など吉日を選び、その日の午前中に執り行われます。地鎮祭は「とこしずめのまつり」と呼ばれることもあります。

なお、地鎮祭は地域や宗教によってやり方が異なるようです。施工業者さんなどに確認を取ることをおすすめします。

当店では一般的である「神式」を中心とした記述をさせて頂いております。

お電話でお気軽にお問い合わせください

奉献酒は清酒2升
奉献酒は清酒2升を奉げるのが一般的で、化粧箱入りにして包装紙で包み「のし紙」を付けます。
表書きの書き方は、のし紙の上部に「奉献」または「奉献酒」と表書きして、その下部にご自分の名前、会社名等を書き込みます。

当店の場合は、のし紙にする和紙(奉書紙)へ1枚1枚手書きで用意させて頂いております。
使用する奉書紙(ほうしょし・ほうしょがみ)とは、コウゾを原料とした白い和紙のことを言います。神社などに差し出す奉書に多く用いられたため、奉書紙という名称で呼ばれます。

地鎮祭が一通り終わると施工主のお酒を神職へお渡しして、親戚、来賓、施工業者からの物は施主側が頂くのが一般的です。これは個人の住宅の場合ですと、これから家を建てる方(施工主)がお供えした奉献酒は神主さんなどへお渡しし、親戚、大工さん、工務店、ハウスメーカーさんなどからの奉献酒は施工主が頂きます。


当店は通常の清酒2升を箱入りにした奉献酒のほかに、枡(ます)を入れたセットも用意させて頂いております。

本来神事でお供えした奉献酒は、神が宿る神聖な飲み物として考えられ、それを参加者に振舞う「直会(なおらい)」が行われていました。
その直会で枡を使用することがあるためです。
ただ、近年は地鎮祭後に運転をされる機会が多く、神事終了後その場で直会が行われないことが普通となってきました。

直会では神霊の力を分けてもらい、そのご加護を期待するので、神が宿る神聖な飲み物を参列者の皆さんで分け合います。
例えばご親戚の地鎮祭に枡入りのセットをお供えし、施工主さんにお渡しします。それを後日、枡を使ってお召し上がり頂く事ができるようになります。

また当店では日本酒と枡の語呂合わせで「難を酒枡(避けます)」という無事に工事が進む思いを込めて、この枡入りセットを用意させて頂いております。




まさか酒店で奉献酒としてご提供を行なっています「八海山」は靖国神社へ奉献酒として奉納されています。
熨斗作成例

個人様だけでなく企業様からの注文にも対応いたします。
印刷の水引や文字とは違い、京都の職人よる手作りの水引き一つ一つ手書きによる筆文字ならではの味のある字により本格的な奉献酒をお届けしております。

ご利用頂いた会社のご担当者様から「現地で神事に参列した社長から”立派な奉献酒をありがとうございます”と先方からも好評だった」などこれまでに多数のお声を頂いております。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

熨斗はすべて
当社社長が一枚一枚手書きで行っております。

熨斗作成例

ラッピングコーディネーターが丁寧に包装します。

ご注文いただいた商品をより丁寧にラッピングをするため、
お客様のご要望に合わせたラッピングを可能にするため、
お届けした際に喜んでいただけるラッピングを可能にするために
ラッピングコーディネーター認定証を取得しました!

今回、ラッピングコーディネーター認定証を取得したことで
奉献酒のラッピングを変更しましたのでご紹介します。

神様へ捧げる奉献酒。
細かな部分までこだわりお届けいたします。

奉献酒の改善点(2017.09〜)

2017年8月に和風ラッピングコーディネーターの資格を取得し、
専門的な知識をもとに、水引の付け方や包装の見た目を改善しております。

改善点1

今まで包装をセロハンテープで止めておりましたが、
両面テープを使用し、包装の継ぎ目がしっかり貼付けられ、見た目が良くなりました。

改善点2

金と銀それぞれ7本ある水引をしっかりと平らに重ならないようにしてきれいに見せるように致しました。
(輸送中の振動で重なってしまう場合もございます)

改善点3

背面の奉書(上にかけてある奉献やお名前が書かれた白い紙)を止める部分にこれまではセロハンテープを使用しておりましたが、両面テープに変更し、しっかりと貼付けられたほか見た目も良くなりました。

ラッピングについてはご希望などありましたらお気軽にお問合せください。

嬉しいお客様の声がたくさん♪

(株)E社 S様より

ご担当者様
奉献酒、お願いするのは、2度目になります。
字が(のしの字)が大好きでお願いしました。
この度も、大変ステキな字をありがとうございました。

(株)L社 I様より

奉献酒の用意をしたことがありませんでしたので、全く勝手がわからず…
貴社のサイトは丁寧な解説もあって、大変参考になりました。

奉献酒についてよくある質問

のしに入れる社名で(株)や(有)など略しても良いですか?

A:神様にお供えするお酒ですので社名は略さず、株式会社や有限会社と入れることをお勧めします。

社名が長いのですが、どのように書いて頂けますか?

A:御社名が比較的長いようであれば
○○○○○○○建設
     株式会社
など2行に分けてのしの名前をお入れします。
のしの作成例をご覧いただくか、詳しくお知りになりたい方はお問い合わせください。

奉献酒のお酒は2本が決まりですか?

A:2本が決まりではないと思いますが地鎮祭、起工式では2本入でお供えする場合が多いです。当店では2本入商品のみとなります。
神事を行う宮司さんやハウスメーカーさんにご相談して頂くことをお勧めします。

奉献酒は日本酒のみですか?ビールやその他のお酒ではダメですか?

A:神事でお供えするものですので古来の風習に従い、日本酒をお供えすることをお勧めします。ただ、ご当地の風習や起工式などを行う企業様のご商売の都合など、様々なケースがあると思いますので、ご確認頂くのがよろしいかと思います。

喪中の方が行われる地鎮祭に奉献酒を贈ろうと思うのですが…

A:贈り先様(家)の宗教や考え方などあり、失礼があってはいけないと思いますので、可能であればご確認頂くのが一番です。念のため当店近くの神社の神主様にお聞きしたところ、神道では葬儀から50日を経過すると概ね問題ないようです。
(神道では一般的には五十日祭をもって忌明けとするそうです)
ただ、葬儀は仏教など他の宗教で執り行われる方が多いという日本独自の宗教観があるので一概には言えないそうです。また、神道であっても地域や神主様のお考えなどございますので、やはりご確認頂くのが一番かと思います。

神前式の婚礼で神社に奉納するお酒にしたいのですが可能ですか?

A:はい、可能です。水引は婚礼で使われる「結び切り」タイプで、また神様に奉納するので表書きは地鎮祭と同様「奉献」で、お名前の連名も可能です。

難を酒枡(避けます)奉献酒

お電話でお気軽にお問い合わせください

難を酒枡(避けます)奉献酒プレミア

<日本酒説明>
特定名称 八海山 純米吟醸
原料米山田錦・美山錦他
精米歩合 50% 酸度 1.2
アルコール度数15.6% アミノ酸度 1.1
日本酒度 +5   

1.8L 2本・枡2個付き
難を酒枡(避けます)奉献酒プレミア

商品価格:12,500円

数量:

※沖縄県へ発送の場合、全商品送料 3000円プラス

難を酒枡(避けます)奉献酒

<日本酒説明>
特定名称 雪中梅
原料米五百万石・こしいぶき
精米歩合68% 酸度1.1
アルコール度数15.4% アミノ酸度1.0
日本酒度-3.0   
特定名称 八海山
原料米五百万石・地元産米
精米歩合60% 酸度1.0
アルコール度数15.4% アミノ酸度1.0
日本酒度+5   

枡2個付き
難を酒枡(避けます)奉献酒

商品価格:8,611円

数量:

■オプションサービス


こちらのオプションは 現在のお酒それぞれをワンランク上の本醸造・特別本醸造タイプにアップグレード致します。
特に奉献酒を「贈り物」としてご利用頂く際にぜひご検討ください。


※沖縄県へ発送の場合、全商品送料 3000円プラス

奉献酒

<日本酒説明>
特定名称 雪中梅
原料米五百万石・こしいぶき
精米歩合68% 酸度1.1
アルコール度数15.4% アミノ酸度1.0
日本酒度-3.0   
特定名称 八海山
原料米五百万石・地元産米
精米歩合60% 酸度1.0
アルコール度数15.4% アミノ酸度1.0
日本酒度+5   

枡はついていません。
奉献酒

商品価格:7,315円

数量:

■オプションサービス


こちらのオプションは 現在のお酒それぞれをワンランク上の本醸造・特別本醸造タイプにアップグレード致します。
特に奉献酒を「贈り物」として ご利用頂く際にぜひご検討ください。


※沖縄県へ発送の場合、全商品送料 3000円プラス

奉献酒 Bタイプ

<日本酒説明>
特定名称 鮎正宗
原料米五百万石(麹米)新潟県産米(掛米)
特定名称 千代の光
原料米五百万石
特定名称 能鷹
原料米 五百万石・とどろき早生
特定名称 君の井
原料米五百万石

鮎正宗・千代の光・能鷹・君の井のなかより同じ銘柄の日本酒を2本セットにしてお届けします。
※銘柄の指定はできませんのでご了承ください

本商品は手書きの熨斗ではなく印刷熨斗になります。

商品価格:5,370円

数量:

※沖縄県へ発送の場合、全商品送料 3000円プラス

地鎮祭に関する豆知識

○地鎮祭について

「地鎮祭」とは土木工事や建築工事を始める前に、土地の神を祝って敷地を清め、工事が無事に安全出来るようにと建神職をその場所にお招きしてお供え物をし、祝詞をあげていただき、お祓いをし最初の鍬や鋤を入れます。
地鎮祭は大安、先勝(または友引)の午前中に行う場合が多いようです。

○地鎮祭で用意するもの

施主(建築主)
 が用意するもの
1.米
2.奉献酒
3.塩
4.水
5.海のもの(鯛もしくは出世魚1尾頭付、スルメ、昆布など)
6.野のもの(季節の野菜と果物)
7.初穂料
8.湯呑み、または紙コップか枡
施工者(建設会社)
 が用意するもの
1.笹竹(4本)
2.注連縄
3.砂(バケツ3杯程度)
4.スコップ (又は鎌・鍬・鋤)
5.テント・イス

築物が何事もなく、永く繁栄するようにとお祈りする儀式で、一般には神式で神主さんが行います。

水引についての豆知識

■水引とは

水引は、和紙を細く切って”こより”にし、強度を高めるため水糊をつけて乾かしたものです。
こよりは、紙を細く切って、端からねじるよう(よる)にして紐状にするものです。
七夕の短冊飾りを笹に吊す際、紐として古くから使われる手作りの紙紐のようなものです。

皆様がよく目にする「のし紙」にある赤白の左右から伸びる細い線からなる蝶々結びのようなデザインになったものが、水引にあたります。
古来からの水引は、印刷されたものではなく、1本ずつ和紙から手間を掛けて作られたものです。

水引には「未開封」である封印の意味、魔除け、人同士を結びつける意味があると言われます。
熨斗(のし)、水引の結び方、そして表書きの3つの組み合わせで、お祝い、仏事で使い分けが決まっています。

また水引は、使用する本数や色でも慶弔での使い分けが決まっています。

■水引の結び方

あわじ結び、蝶結び、結びきりの3つが基本的な結び方になり、ほとんどの慶弔(お祝い、仏事)行事に使用できます。

ちなみに、水引結びには、陰と陽の関係性があり、向かって左側を「陽」として白や銀色といった淡い色を、右側を「陰」として金や赤、黒といった濃いを持ってきます。

左側に「陽」を配するのは、左を優位とする古来の日本文化から来ているとされています。

○あわじ結び

淡路島の近くにある鳴門の渦潮に、水引の和の部分が似ているから「あわじ結び」になった説と、縁起物であるアワビの形に似ているから”鮑結び”と言っていたものが変化してあわじ結びになった説があります。

この水引の結び方は、水引が複雑に絡み合ったような結び方ですので、簡単には解けません。
その解けない結び方であることから「繰り返せない」という意味や、水引の両端を持って引っぱるとさらに強く結ばれるので、「末永いお付き合いをしたい」という意味を込めて、主に婚礼や弔事に使用されます。

○蝶結び

花結びや両縄(もろなわ)結びとも言われ、婚礼以外のお祝いで使用されます。
何度でも結び直せることから、何度あっても良いという意味が込められ、入学・卒業・就職・出産といった人生の転機のお祝いや、誕生日祝いなどお祝い事全般に使用されます。
また、神事で使用したり、御礼にも使用されることも多い結び方であります。

○結びきり

何度も繰り返したくない場面で使う水引の結び方です。
弔事、結婚の祝い、病気や火災などの災害のお見舞いに使用され、繰り返し結び直すことが出来ない=二度と繰り返して欲しくないという意味が含まれています。
あわじ結びもこの結びきりの一種ですが、婚礼や長寿のお祝い、通夜や告別式などのお葬式の香典以外では、こま結びとも言われるシンプルな結び方である結びきりを使用します。

■水引きの本数

お祝い事である慶事では、奇数の3本、5本、7本の水引を用いますが、一般的には5本1組が主流です。
ただ、婚礼は10本1組ですが5本×2束の解釈で、夫婦2人だから5本×2束=10本としているのだそうです。

水引の本数が多いほど丁寧とされます。
3本は実際にはあまり見かける機会がありません。
7本は5本をより丁寧にした状態ですが、結びやすさや贈り物とのバランスを考えるとやはり5本が一般的な本数のようです。

また、9本も奇数ではありますが、苦に通じることから縁起が悪いとされ、使用されることはないようです。

熨斗(のし)についての豆知識

■のし紙について

皆さんがよく言う”のし”は、水引が印刷された贈答品に掛ける紙だと思う方がいらっしゃいますが、実は水引が印刷された右上にある細長い六角形になったものを熨斗(のし)というのです。

その「熨斗」と、左右対称、淡い色・濃い色の2色で、複数の線が書かれた「水引」が印刷された紙を「のし紙」、祝儀袋を「のし袋」と言います。

本来であれば、奉書と呼ばれる掛紙に水引を掛けて、熨斗をつけたものがより丁寧ではありますが、簡略化されたものがのし紙であり、現代の一般的な贈答品に使用されています。

■熨斗とは、そもそも何でしょうか

さて、その熨斗(のし)とは、お祝い事に使用する祝儀袋や進物などに添える「熨斗あわび」のことを言います。
熨斗の中央にある細く縦長の黄色のものが実は乾燥させたあわびであり、本来は、本物のあわびを細く切り、乾燥させ伸ばした(のした)ものを、”熨し(のし)あわび”と言います。

その正式な熨斗は、現代でも本物ののしあわびを使用することもございますが、熨斗あわびに似せた黄色の紙で代用することが多いです。

あわびは高価な食材であり、熨斗あわびはさらに手間をかけ作られるものですから、古来日本から特別なものであると想像できます。

古くは、その手間がかかるのしあわびを神様や大事な贈り物に添えていたそうで、延寿(命を延ばす・長寿)に繋がる縁起物とされ、神饌(しんせん:神様に供えるもの・神様がお召し上がりになる物)にも使用されてきました。

現代ではのし紙と言われる熨斗や水引が印刷された掛紙を使用しますが、本来は「熨斗」「水引」「掛紙」が別々のものであり、正式な席などでは日本の伝統的なこの3点を使用して、格式のあるより丁寧な贈り物として大事な方に贈りたいですね。

お酒について

■雪中梅について

醸造元の丸山酒造場は創業明治30年(1897年)、昔ながらの田園風景が広がる新潟県上越市三和区にあります。
蔵の裏手には里山があり、豊かな自然環境のもと、酒造りが行われています。
雪中梅という銘柄から想像できるように、冬は例年1メートルを超える積雪となる地域で、その雪や雨を由来とし、裏山の自然環境に浄化された高品位で軟水を自家井戸からくみ出し仕込み水として使用しております。

酒造りに使用する酒造好適米(通称:酒米)は、ご飯のお米としても地元に愛される「こしいぶき」や、新潟生まれで全国でも栽培される「五百万石」、そして蔵の周辺でも作られ、比較的新しい品種「越淡麗」など、地元の新潟県上越地域で栽培されたものを中心に使用しております。

酒造りでは、近代化された設備を使用しており、特に独自に開発した洗米(酒米を洗う)装置は、洗う作業と酒米に水を吸わせる作業では数値を厳格に管理し、品種やその年の出来に合わせた調整を行っております。

また、酒造りでも特に重要な麹(こうじ)造りでは、昔ながらの手作業で、蓋麹(ふたこうじ)と呼ばれるより丁寧な作業が進められております。

味わいは、やや甘口を主体としており、これは雪中梅が造られた当時、お客様の中心だった農家の方々が、1日の疲れを癒やすには「甘口」の方が旨いだろうということから、今に至る味わいになっているそうです。

当店から車で約10分の距離にある蔵元であり、新潟を代表する銘柄の一つである「雪中梅」。

また、蔵元から直線距離で約3kmの地にある風巻神社では、地元の方を中心にこの雪中梅が奉献されています。
この風巻神社は1000 年以上歴史のある神社であり、当時の風水害を鎮めるため風の神様であるシナツヒコを祀るよう村上天皇からの直々の命で作られた由緒ある神社です。
また、越後の地を治めた戦国武将・上杉謙信が何度も足を運び、祈りを捧げた神社としても知られております。
このようなことから、雪中梅は地元の方々に愛される銘柄であり、また神に捧げる日本酒として、歴史ある神社にも奉納される雪中梅を、当店は奉献酒のお酒として皆様にお勧め致します。

■八海山について

醸造元の八海醸造は創業大正11年(1922年)、霊峰八海山の麓・新潟県南魚沼市にあります。
山岳信仰の山としても知られる八海山は、この銘柄と共に全国的にも知られており、豊かな自然環境の元、酒造りが行われております。

蔵元の周辺は魚沼産こしひかりの産地でもあり、昼夜の寒暖差が生んだ地元産の酒造好適米(通称:酒米)を使用しています。
特にスッキリとした淡麗な味になる酒米「五百万石」は、地元農家が丹精を込めて作り、評価の高い酒米となっております。

酒造りは、大切な仕込み水において霊峰・八海山の地層から1日400トンも湧き出でる超軟水「雷電様の清水(らいでんさまのしみず)」を使用しております。
豊富な水は酒造りに恩恵をもたらせ、仕込み用の水としてはもちろん、酒造りの器具の洗浄にも贅沢に使用しているそうです。

蔵人の平均年齢は新潟県内の蔵元でも若いそうですが、ただ重労働が多い酒造りにおいては若い力はメリットになります。
近代化された設備を中心としておりますが、酒造りの肝の一つである麹(こうじ)造りにおいては、現在でも人の手が多く入る作業を続けております。

ちなみに、八海醸造では、雪中梅の丸山酒造場が開発した洗米装置を導入しております。

味わいは、辛口を主体としておりますが、雷電様の清水由来のやわらかさを感じる味わいとなっており、スッキリさの中にもやわらかさを感じる酒だと思います。

霊峰の麓で造られる八海山は、山の麓にある八海山尊神社のほか、地元のお祭りなどでも神に奉納され、地元の方は飲むだけでなく、お供えをお酒としても愛されているようです。

また、近年は4斗(72L)の八海山の弧樽(こもだる)を、新春に開かれる歌舞伎公演の入口の飾りとして36樽を提供するなど歌舞伎の世界とも縁が深いようです。

このような理由からも、奉献酒としても最良と考え、皆様に神に捧げる日本酒としてお勧めさせて頂きます。