熱燗(あつかん)

50〜55度に温めたお酒
最も標準的なお燗の温度で、徳利から湯気がでている状態で、シャープな辛口を味わうことができると言われています。
日本酒の中でも熱燗にして味わっていただくことにおすすめの種類は普通酒、純米酒、本醸造酒です