あらばしり(初取り はつどり)

日本酒を搾る際に、最初にプレスをかけない状態で自然に出て来るお酒で、少量しかとれないための貴重なお酒です。
色は薄く白濁しており、味わいにはやや荒々しさがありますが、香り高いのが特徴です。