液化仕込み(えきかじこみ)

通常は白米から麹を造り仕込まれるが、白米を液体状にしてから仕込む方法です。
白米を細かく破砕し、仕込水と共に専用の液化装置に投入し米デンプンの液状化を図っていきます。
液化終了後は発酵タンクで麹や酵母を加えて通常通り発酵させていきます。
液体なので温度管理がしやすいメリットがあります。