きき酒

お酒の色、透明度や香り、味(甘口や辛口)、こくの有無などを人の感覚で評価すること(官能検査)をきき酒といいます。 一般の方が勘違いしやすい、銘柄を当てるのがきき酒ではなく、お酒の状態を見極めるのが目的です。
蔵人が資格を持つ「きき酒師」などといった専門職的アドバイザーもいます。