生もと(きもと)

最も伝統的な日本酒製造の手法。
自然界に存在する乳酸菌の力で雑菌を排し、酵母を育成した昔ながらの酒母造りの手法であり、山卸し(酛摺り(もとすり))と呼ばれる米を摺り潰す作業が行われます。
出来上るお酒は、濃厚でクリアな味わいになる傾向があり、お燗酒にするとその良さがさらにわかるかもしれません。