合成清酒(ごうせいせいしゅ)

米不足の時期があった大正時代に登場した、日本酒風味のリキュール アルコールや焼酎、清酒に、糖類、有機酸類、アミノ酸類などの調味料、食塩、グリセリン、色素など さまざまな物を混合して製造された日本酒に似たリキュールのことで、日本酒とは全く別のカテゴリーです。
清酒(日本酒)と比べると安価で、ラベルやパッケージには合成清酒と明記することが酒税法で義務づけられています。