諸白(もろはく)

日本酒製造の基となった造りで、 現在の日本酒製造の原型といわれており麹米と掛米の両方に精白米を用いる手法です。それまでは玄米で仕込まれていたので茶色い日本酒でした。