醪(もろみ)

日本酒造りの本体ともいうべき工程で、仕込方法は酒母(しゅぼ)に4日間で数回(普通は4日間で3回)に分けて
水、麹、蒸米を投入し仕込作業を終了させるので三段仕込みという手法をとる。
このもろみを一定の日数(各社ごとが決める日数)アルコール発酵させた後ろ過すると、
液体は酒(原酒)、固形物は酒粕として分離される。