中取り(なかどり)

搾る際に最初に採取するお酒をあらばしりというのに対し、中間に採取する部分を中取り(中汲み、中垂れ)と呼びます。
最初のあらばしりや、最後のせめに比べ、香味のバランスが良いのが特徴です。