生酒(なまさけ)

日本酒は品質を安定させるために、火入れ(低温加熱殺菌)を2回行いますがこの火入れを全く行わないものを生酒と呼びます。また通常の日本酒は貯蔵前と出荷前2回の火入れを行いますが、搾った後、貯蔵前に1回だけを行い、出荷時には火入れをしない生詰め酒、搾った後、生酒のまま低温貯蔵し、出荷時に1回のみ火入れを行うお酒を生貯蔵酒と呼び、全く火入れを行わない生酒を「生生(なまなま)」と呼ぶ場合もあります。
この生酒は火入れを全く行なっていない生のお酒ですので、大変デリケートであり 温度による劣化を招き易くなりますので、通常は要冷蔵商品となります。
また、搾ったあとすぐに飲む生酒と一定期間冷蔵保存された生酒の味わいは全く違うものとなります。
また開封した生酒は新鮮さが重要ですので新鮮なうちに早めに飲みきることをおすすめします。

「生酒」と似たような日本酒の言葉で「生貯蔵酒」や「生詰酒」などがありますが、「生貯蔵酒」は生のまま冷蔵貯蔵しておき、出荷のために瓶詰めする直前に火入れしたお酒で、「生詰酒」は酒蔵タンクに貯蔵される直前は火入れを行なっているお酒です。
これらは最低一回の火入れを行っているので生酒ではありません。