日本酒度(にほんしゅど)

日本酒の甘辛の程度を酒の比重によって表現する専門用語。同じアルコール度数であれば糖分が多くなるほど比重は重くなり、甘みも増す。また同じ糖分量であればアルコール度数が高くなるほど比重は軽くなり、辛さが増す。
この両者のバランスで純水の比重より重い酒(日本酒度の数字に(−)符号が付く)が一般的には甘口になるといわれるが、その他の条件もあるので日本酒度の数字は目安とみた方がよい。