特定名称酒(とくていめいしょうしゅ)

「吟醸酒」「純米酒」のような肩書きが付いているお酒のことで、酒税法で決められた基準を満たしたお酒のみが、 この名称をつけることができ、特定名称酒には、次の8つの種類があります。
純米大吟醸酒・大吟醸・純米吟醸酒・吟醸酒・特別純米酒・特別本醸造酒・本醸造酒・純米酒
また、この特定名称の基準を満たしていないお酒は、法律上「普通酒」と呼ばれます。

特定名称酒について