製造用語 飲み頃温度
知っておきたい日本酒のこと - 日本酒の飲み頃温度 -

日本酒の飲み頃温度

日本酒を飲む際には「冷」「常温」「熱燗」と3種類でよく表現されますが、
「冷」には3種類、「熱燗」には6種類あり、常温まで含めると10種類の温度で表現されます。

「雪冷え(ゆきびえ)」・・・5℃くらい
「花冷え(はなびえ)」・・・10℃くらい
「涼冷え(すずびえ)」・・・15℃くらい
「常温(じょうおん)」・・・20℃くらい

熱燗

「日向燗(ひなたかん)」・・・30℃くらい
「人肌燗(ひとはだかん)」・・35℃くらい
「ぬる燗(ぬるかん)」・・・・40℃くらい
「上燗(じょうかん)」・・・・45℃くらい
「熱燗(あつかん)」・・・・・50℃くらい
「飛切燗(とびきりかん)」・・55℃くらい
お店で注文する際に
「上燗でお願いします」とか「日向燗でお願いします」な~んて注文するとちょっと注目されるかも!!
日本酒は飲む温度によって美味しさが変わってきますので、色々試してみてはいかがですか?